• アプリで開く
  • 行き先を選択
  • ムーミンバレーパーク|割引チケットから混雑状況まで攻略!

    Meg
    Meg
    Last updated 2023年12月12日
    ムーミンバレーパークの全景

    埼玉県飯能市にある、夢のような北欧の世界

    埼玉県飯能市にある、ムーミンバレーパーク。
    言わずと知れた大人気の施設ですが、ソーシャルディスタンスを保つための取り組みや衛生対策が徹底されているので安心。
    ムーミンバレーパークのソーシャルディスタンス
    キャラクターの足跡を使ったソーシャルディスタンスのサインが各所に
    コロナ対策の一環で来場者数を制限していることから、以前に比べゆったりと園内を散策できる今がオススメです!
    今回は、ムーミンバレーパークを訪れる前に知っておきたいポイントを徹底解説します。

    目次

    • チケットは事前購入がオススメ
    • お得な割引チケット情報
    • 2021年12月リニューアルオープン
    • 混雑回避のためのテクニック3選
    • トリビアクエスト
    • ムーミンバレーパークのお土産
    • ムーミンバレーパークへの行き方
    • 駐車場からムーミンバレーパークまで
    • 子どもの年齢別おすすめポイント
    • ベビーカー / 授乳室 / おむつ替え
    • コロナ対策もバッチリ

    Klook 9周年キャンペーン

    チケットは事前購入がオススメ

    ムーミンバレーパークのチケットは、Klookで事前購入がオススメ。
    スマホのバウチャー画面を見せるだけで入場できるので、窓口に並ぶ行列も回避できてラクラク。
    ソーシャルディスタンスを保つためにも、事前のチケット購入をオススメします!

    お得な割引チケット情報

    2021年にリニューアルオープンしたムーミンバレーパークでは、今までの「入園チケット」は廃止され、新しくなった「1デーパス」のみになります。
    Kloookでチケットを購入するだけで、「1デーパス(大人)」が通常3,200円のところ3,000円の割引料金に!(当日もOK!)

    1デーパス

    Klook料金

    大人

    3,200円3,000円

    小人

    2,000円1,800円

    ※小人:4歳以上小学生以下

    2021年12月リニューアルオープン!

    ムーミンバレーパークは2021年12月10日(金)にリニューアルオープンし、さらに魅力あふれる場所へと進化しました。
    36646 ムーミンバレー Renewal Open Well-being
    © Moomin CharactersTM
    リニューアルのポイントは以下のとおり。
    • チケットが「1デーパス」1種類のみに
    • コケムス2階に「ライブラリー カフェ」と「キッズスペース」が誕生
    • ムーミンたちに園内のいろいろなところで会えるように
    • 「パンケーキレストラン」が「レットゥラ ラウンジ」に
    • 「ムーミン谷の食堂」のメニューが一新
    36646 ムーミンたち ライトアップ 正面
    © Moomin CharactersTM
    まだまだほかにも、リニューアルによる変更点や新たな見どころはたくさん!
    ムーミンバレーパークのリニューアルについては、以下の記事で詳しく紹介しています。
    ちなみにリニューアルによって、よりムーミンたちに会えるようになったパークですが、開園直後が一番見つけやすいそうです!
    36646 ムーミンハウスから手を振るムーミン
    いつ、どこで出会えるかはお楽しみ。園内をお散歩しているムーミンたちを見つけたら、一緒に写真を取りたいですね。

    2022年7月「飛行おにのジップラインアドベンチャー」もリニューアル!

    2021年11月よりメンテナンスのため運営休止となっていた「飛行おにのジップラインアドベンチャー」が、2022年7月2日(土)から再開します!
    ムーミンバレーパーク 飛行おにのジップラインアドベンチャー
    © Moomin CharactersTM
    ジップラインを使って湖面をわたる、ドキドキのアクティビティ。今回のリニューアルで特別なガイドツアーが付くようになり、スリル満点な思い出を記念に持ち帰れる「認定証」ももらえます。
    シューズやロングパンツも無料で貸し出ししているので、当日うっかりスカートで来てしまってもご安心を!
    「飛行おにのジップラインアドベンチャー」を体験するには、1デーパスのほかに別途現地券売機でのチケット購入が必要です。

    ムーミンバレーパーク:混雑回避のためのテクニック3選

    ここでは実際にパークを訪れて学んだ混雑回避テクニックを紹介します。

    1. ムーミン谷エリア&人気アトラクションから攻めよう

    パーク内はオープン直後ほど空いているので、人気のムーミン谷エリアは早めの時間がオススメ!
    ムーミン谷エリアのムーミン屋敷
    ムーミン谷エリアのムーミン屋敷
    リニューアルで新しく登場した「ライブラリー カフェ」(コケムス2階)も、早めの時間なら他の人が写り込むことなく「映え写真」が撮りやすいかも…?
    36646 ムーミン ライブラリーカフェの中
    また、リニューアル前は有料施設(別料金)だった以下のアトラクションは人気必至。空いていたらチャンスです!
    • ムーミン屋敷
    • リトルミイのプレイスポット
    • 海のオーケストラ号
    36646 リトルミイのプレイスポット入り口
    一方で「ヘムレンさんの遊園地」や「スナフキンのテント」がある奥のエリア(おさびし山エリア)は、後から行ってものんびり楽しめます!

    2.「ムーミン谷の食堂」は前もって整理券を発券しよう

    ムーミン屋敷の隣にある「コケムス」には、各種展示やお土産ショップ、カフェ、レストランが。
    一階にあるレストラン「ムーミン谷の食堂」には、入店整理券のシステムがあります。
    ※入店整理券なしに入店できる場合もあります。
    テラス席もあって素敵な雰囲気
    テラス席もあって素敵な雰囲気
    現在の待ち時間の目安が確認できるほか、整理券を発券するとLINEやメールで呼び出してくれます。これは素晴らしい!
    ムーミン谷食堂
    ムーミン谷の食堂はテラス席もおすすめ
    待ち時間のあいだ、すぐ上のフロアの展示(コケムス3階)を楽しむのがオススメ。ちなみに展示エリアに行く場合、ベビーカーは屋外に置いていく必要があるためご注意を。

    3. 人気のジップラインに乗るなら早めに

    冒頭でも紹介した「飛行おにのジップラインアドベンチャー」は、おさびし山の頂上から湖の上を滑走する大人気のジップライン!
    ムーミンバレーパーク 飛行おにのジップラインアドベンチャー
    © Moomin CharactersTM
    「飛行おにのジップラインアドベンチャー」を体験するには、1デーパスのほかに別途現地券売機でのチケット購入が必要です。
    1回60分、8名までの定員制なので、体験できる方は限られてしまいます。体験したい方はパークに入園したらまずチケットを購入しましょう。
    ※小学3年生以上、身長120cm以上190cm未満、体重30kg以上100kg未満など利用制限があります。
    飛行おにのジップラインアドベンチャー
    • 営業開始日:7月2日(土)~毎週土曜・日曜・祝日のみ営業
    • 体験料金:ツアーガイド・認定証付き 3,000円(税込)
    • 所要時間:約60分
    • 定員:1回8名

    2021年4月開始!トリビアクエスト

    2021年4月より新しいアトラクション「トリビアクエスト」が登場しました。
    パークの滞在がより楽しめるのはもちろん、見事クリアすると非売品の記念品がもれなくもらえます!詳しくは以下の記事をチェック。

    ムーミンバレーパークのお土産も要チェック!

    アトラクションや食事と同じくらい楽しめるのが、お土産選び!
    キャラクターグッズはもちろん、北欧ブランドとのコラボレーション商品など、そのセンスの高さや種類の多さに驚くはず。
    絶対に押さえておきたい人気のお土産や限定商品は、ぜひ事前にチェックしておきましょう!

    ムーミンバレーパークへの行き方(アクセス)って?

    ムーミンバレーパークがあるのは、埼玉県飯能市。新宿区から車で1時間ちょっとで行けました。「意外と近い!」というのが率直な感想。
    こちらがGoogleマップなので、ぜひ自宅から埼玉県飯能市までのルートをチェックしてみてください。
    電車の場合は西武池袋線「飯能駅」から、バスで13分ほど。「飯能駅」までは、池袋からなら急行で約50分です。
    ※JR八高線「東飯能駅」からのバスは現在休止中とのこと(2021年12月現在)
    宮沢湖に隣接したムーミンバレーパーク
    宮沢湖に隣接したムーミンバレーパーク
    都内から1時間ちょっとで行けるとは思えない、本格的な北欧の世界が楽しめます。足を伸ばしてでも行く価値あり!です。

    駐車場からムーミンバレーパークまではどのくらい?

    メッツァはフィンランド語で「森」を意味する
    メッツァはフィンランド語で「森」を意味する
    駐車場やバス停から歩いてすぐの場所に、メッツァビレッジの入り口が。ムーミンバレーパークはメッツァビレッジの奥にあり、ここから歩いて15分ほどです。
    赤い丸印がメッツァビレッジ入り口
    赤い丸印がメッツァビレッジ入り口
    道中も見どころがたくさんあるほか、オシャレな建物や美しい景色がいっぱいで、ムーミンバレーパークに着く前に何枚も写真を撮ってしまいました…!
    マーケットホール
    まず目の前に現れるのが、マーケットホール。北欧の雑貨や食品を扱うお店がいっぱいで、どこも超オシャレ。
    ちなみに休日1,500円の駐車場料金は、ここで5,000円以上購入することで無料になります!レシートの合算も可能。駐車券をお忘れなく!
    ノルディックスクエア
    続いて「ノルディックスクエア」という名のエリアが広がります。
    ベンチの贅沢な配置に、オシャレなテントの形。なんて優雅な空間!宮沢湖を眺めながら、ゆったりとした時間が過ごせそう。
    アラビアの食器で料理がいただけるお店
    ARABIAをはじめとした北欧ブランドの食器で食事が愉しめるお店も。外観だけでも心くすぐられます…!
    空中アスレチック
    他にもカヌー乗り場やワークショップができる工房、空中アスレチックなど盛りだくさん。メッツァビレッジだけでも1日中楽しめそうなことが判明しました!
    そうこう歩いているうちに、あっという間にムーミンバレーパークに到着。
    ムーミンバレーパーク入り口
    各キャラクターを型どったウェルカムゲートには、それぞれに写真を撮る列が。帰りも列ができていたので、運よく空いていたら先に撮影してしまうのがオススメです!
    当日チケット窓口
    ここで当日チケットを購入する列と、入場の列にわかれます。Klookでチケット購入しておけば、窓口に並ぶことなく入場できるので、事前の購入がオススメ。

    子どもの年齢別おすすめポイント

    ムーミンバレーパークはお子さま連れにもぴったりの場所ですが、施設によっては年齢制限があるものも。
    ここでは私の独断で、年齢別におすすめポイントを紹介したいと思います。

    乳児〜2歳くらいまで

    個人的なオススメは、パークの最奥にある「スナフキンのテント」に向かうまでのエリア。宮沢湖に沿って遊歩道があり、比較的空いているので、歩き始めの子どもも自由に歩きやすいです。
    スナフキンの家まで広がる遊歩道
    道中、こんな可愛いオブジェも発見。
    可愛いオブジェ
    道沿いにはベンチがいくつもあるので、湖を見ながらゆっくり休憩することができます。人混みに疲れてしまった子どもにもぴったりです。
    海のオーケストラ号
    ちなみに「海のオーケストラ号」は、迫力ある映像が楽しめるアトラクション。ただ真っ暗になる上に強い風が吹く演出もあることから、驚いて泣いてしまう子もちらほら。
    我が子(2歳)も泣きはしませんでしたが、終始ギュッと抱きついてきました。もう少し大きくなってからでも良かったかもです。

    3歳〜5歳くらいまで

    せっかくなら、子どもをムーミンたちに会わせてあげたくないですか?
    ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが楽しめる「エンマの劇場」がオススメです!
    36646 ムーミン ダンスダンスウィズムーミン ショー ムーミンたちポーズ
    ショーは1日2回(12:00〜 / 14:30〜)、約15分間の開催。席は先着順です。
    新しいショーは、ゲストも一緒に踊れる「参加型」。ゲストも一緒に踊れる「参加型」で、その名も「ダンス・ダンス・ウィズ・ムーミン」!
    親子ではしゃいでしまうこと間違いなしです。
    36646 ムーミン ダンスダンスウィズムーミン ショー 子供と踊る
    © Moomin CharactersTM
    またリニューアルでコケムス2階に誕生した「キッズスペース」もオススメ!
    36646 ムーミン キッズスペース 子供とおもちゃ
    お子さまが遊べるおもちゃがいっぱいあるほか、ガラス窓にはなんとラクガキもできちゃいます!
    36646 ムーミン キッズスペース ガラスに落書き
    © Moomin CharactersTM
    自由に遊びまわるお子さまを見ながら、大人も一息つける場所になるでしょう。

    6歳以上

    6歳以上になると遊べる施設の幅がグンと増えます。自然環境を活かしたアスレチック「ヘムレンさんの遊園地」は、6歳〜12歳を対象としたアトラクション!
    子どもには思いっきりはしゃいで楽しんでもらって、大人は見守りつつ森林浴をして休憩もできます。
    ヘムレンさんの遊園地
    また、もし小学3年生以上(※ほか身長体重など諸条件あり)なら、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」にも挑戦できます。
    他にもアトラクションではありませんが、ムーミンの物語をより深く知ることができる「ストーリーガイド」の収集も親子で楽しめるはず!
    ストーリーガイド
    ムーミンの物語やムーミンバレーパークについて書かれたリーフレットが、園内の各所に置かれています。設置のされ方もさまざまで、ひっそり気付きにくい場所もあり、まさに宝探しのよう。
    ストーリーの扉
    また、数分間のショートムービーが流れる「ストーリーの扉」も園内の各所に。ムーミンの物語にふれれば、園内の散策がもっと楽しくなるはずです!

    コケムスはみんなにオススメ!

    コケムスの3階には、外観からは想像できないほど充実した展示エリアが。雨の日にもうれしい場所です。
    コケムスの展示
    エレベーターで3階に上がると、こんな感じでムーミンの世界に誘われます!
    コケムスの展示
    体感型展示のクオリティがスゴイ。子どももワクワクが止まりません!
    ムーミンの生みの親、トーベさん
    ムーミンの生みの親、トーベさんの姿も。小説や絵本、コミックスなどの原作の展示もあります。
    各キャラクターの「ことば」も展示されていて、その一つ一つがとにかく深い。ムーミンが初めてでも、その独特の世界観に夢中になってしまうでしょう。
    コケムスの展示
    2階〜3階の吹き抜けエリアにある巨大なムーミン屋敷のオブジェも必見です!

    ベビーカー / 授乳室 / おむつ替えについて

    子連れなら事前に知っておきたいポイントをまとめてみました。

    ベビーカー 

    基本的に園内はベビーカーで散策することができますが、以下のとおり、一部の場所ではベビーカー置き場において入場する必要があります。
    • コケムスの展示エリア(2〜3階)
    • ムーミン屋敷
    • エンマの劇場
    • リトルミィのプレイスポット
    • 海のオーケストラ号
    また無料貸し出しのベビーカーもありますが、数に限りがあり、早い段階でなくなることが多いそうです。

    授乳室 / おむつ替え

    園内に授乳室は3か所。
    ひとつ目は、入場してすぐの場所にあるインフォメーション。ロッカーもここにあるので、子どもの着替えなど、非常時用のアイテムはここに置いていってもいいですね。
    コインロッカー
    2つ目はコケムスの1階。
    おむつ替え
    3つ目はこちら。もともと写真スタジオだった黄色の建物が、授乳室やおむつ台、救護室を兼ねそろえたウェルネススペースに生まれ変わりました。
    36646 ムーミン 授乳室 授乳スペース
    © Moomin CharactersTM
    おむつ替えは上記の授乳室のほか、園内の各地にあるトイレにも。多目的トイレだったり、男性/女性のトイレだったりするので、詳しくはスタッフに聞いてみてください。

    コロナ対策もバッチリ

    埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパーク。コロナ対策もバッチリでした。
    飛沫防止パネルの設置
    飛沫防止パネルの設置
    各所に設置された消毒液
    各所に設置された消毒液
    密を防ぐソーシャルディスタンスのサイン
    密を防ぐソーシャルディスタンスのサイン
    入場人数も制限されていることから、ゆとりを持って散策することができました。ぜひ週末のお出かけに、足を伸ばしてみてください!
    お土産を買う時間も忘れずに!
    お土産を買う時間も忘れずに!

    ムーミンバレーパークの“中の人”へのインタビュー

    混雑回避テクニックはもちろん、オススメのお土産やアトラクションイベントなどをインタビューしてきました。こちらもぜひご覧ください。

    Klookの感染予防対策について

    Klookではみなさんに安心して楽しんでいただけるよう、パートナー事業者様と協力し、感染予防対策を強化した商品を紹介しています。
    コロナ時代の旅行はもっと安心、もっとスマートに!Klookと一緒に楽しみましょう。

    おまけ:ほかのスポットの割引情報

    おすすめキャンペーン

    シンガポール キャンペーン
    JCBで10%OFF キャンペーン
    ディズニー キャンペーン