• アプリで開く
  • 行き先を選択
  • としまえん跡地にできたハリーポッター スタジオツアー東京の見どころを詳しく解説!体験レポやクチコミ、チケット情報も紹介

    Em
    Em
    Last updated 2023年9月29日
    WBSTT hogwarts model
    2023年6月にオープンした「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、映画「ハリー・ポッター」と「ファンタスティック・ビースト」の世界を体験できるウォークスルー型の施設です。
    映画で観た魔法ワールドを間近で見ることができ、食事やスイーツも楽しめます。
    今回は、ハリー・ポッターファンでなくても満喫できるワーナー ブラザース スタジオツアー東京のチケット情報や気になる見どころ、お腹を満たせるグルメなど、さまざまな情報をお伝えしていきます。
    実際に足を運んだ方々のクチコミもご紹介していくので、ワーナー ブラザース スタジオツアー東京に興味のある方やハリー・ポッターシリーズファンの方は、ぜひチェックしてみてください。

    目次

    • 映画「ハリー・ポッター」シリーズの足跡をたどり、魔法ワールドへ
    • ワーナー ブラザース スタジオツアー東京のチケット情報
    • ワーナー ブラザース スタジオツアー東京ではどれくらいの時間楽しめる?所要時間は?
    • ハリー・ポッターのスタジオツアーの見どころは?
    • 映画の名シーンに登場したセット
    • 映画から飛び出した小道具
    • あのキャラクターが着用した衣装
    • 魔法の世界を体験できるエクスペリエンス
    • 魔法ワールドをイメージしたレストランとカフェ
    • Klook ヒント:行く前に知っておきたいポイント
    • 体験レポ:行ってみた感想
    • ワーナー ブラザース スタジオツアー東京のクチコミ
    • としまえん跡地にできた「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」へのアクセス
    • 「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」についてよくある質問
    • としまえん跡地にできた「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐ メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、まだまだ見どころいっぱい!

    🗼 関東の人気アクティビティ・スポット
    🎟 人気の観光スポットが最大39%OFF!

    映画「ハリー・ポッター」シリーズの足跡をたどり、魔法ワールドへ

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッターは、映画「ハリー・ポッター」と「ファンタスティック・ビースト」などの制作の裏側を体験できるエンターテイメント施設です。
    ホグワーツ特急
    ホグワーツの大広間や魔法界の入り口となる9と3/4線、ホグワーツの生徒が立ち入りを禁止されている禁じられた森など、映画で有名なセットを間近で体験できる魅力があります。
    また、見るだけではなく空飛ぶホウキに乗ってロンドン上空を飛んだり、ホグワーツの動く肖像画の中に入ったりすることもでき、魔法ワールドの魅力が盛りだくさんの食事やスイーツも存分に楽しめるので、お腹も心も満たせる大満足のスポットとなっています。
    夢のような世界が広がる施設で最高の思い出を作りましょう。

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京のチケット情報

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京を楽しむためにはチケットが必要です。 チケットは窓口では購入できないため、事前にネット予約で購入します。
    公式サイトの場合、日時を指定しての購入が可能ですが、購入後の変更や返金対応は受け付けていないので注意してください。
    また、公式サイト以外では正規販売代理店からチケットを購入できます。 許可されていない第三者から購入したチケットでは入場はできません。
    Klookで予約をすれば、急に予定が変わっても大丈夫![ キャンセル補償 ]
    Klookの「ノーショー返金」オプションを付ければ、アクティビティの無料キャンセル期間を過ぎていても大丈夫。未使用のバウチャーに限り、支払い金額の60%をご返金。
    キャンセル理由はなんでもOK!利用日が過ぎてからでも返金リクエストを送信できます。
    チェックアウト画面で「ノーショー返金」にチェックを入れるだけで補償が適用されます。
    WBSTT harry potter tour woman showing ticket

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京のチケット料金

    チケット内容

    金額

    大人チケット

    6,500円

    中人チケット

    5,400円

    小人チケット

    3,900円

    ※大人:18歳以上 ※中人:中学生・高校生(12歳~17歳) ※小人:幼児・小学生(4歳~11歳) ※3歳以下は無料

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京ではどれくらいの時間楽しめる?所要時間は?

    アジアで初めてオープンするワーナーブラザーススタジオツアー東京は、「ハリー・ポッター」をテーマにした屋内型施設としては世界最大の大きさで、施設を思いっきり楽しむには4時間以上必要です。

    ハリー・ポッターのスタジオツアーの見どころは?

    スタジオツアーは、屋内エリアから屋外エリアまで歩いてまわるウォークスルータイプのエンターテイメント施設。実際に映画の撮影で使われた小道具や衣装、アイコニックなセットを本場イギリスに行かずとも目の前で楽しめます。
    映画「ハリー・ポッター」と「ファンタスティック・ビースト」シリーズの制作の秘密を探索しにいきましょう!
    ※ここからは原作・映画のネタバレもあるので気になる方はここでストップ!
    the dursley house

    映画の名シーンに登場したセット

    まずは、映画のセットが忠実に再現されたエリアを紹介。名場面を思い出してポーズを決めればバッチリです!

    1. 大広間

    映画でも数々の名シーンを生み、ホグワーツの生徒たちが共に食事をし、彼らにとってかけがえのない場所だった大広間。映画の全8作品に登場しています。
    ツアー参加者が扉を開けることができるのでドキドキの体験でした。
    WBSTT harry potter the great hall door closed
    harry potter the great hall door open
    大広間だけでも見どころはたくさん。まず目に入るのが両側の壁に連なる4つの寮をイメージしたヘビ、アナグマ、ライオン、ワシの燭台。本物と見間違える燭台はインパクトあり。
    WBSTT harry potter tokyo lantern
    大広間ので前方でチェックすべきは、寮別ポイント計や組み分け帽子、本物の金でコーティングされたダンブルドア校長の演台など。
    harry potter dumbledore's lectern
    harry potter house points counter
    寮別ポイント計にはあまりにも多くのビーズが使われたために、世界的にガラスビーズ不足になってしまったそうです。
    前方には懐かしいホグワーツ教職員の衣装も飾られています。
    床の石はなんと本物。ヨークストーンという敷石で、ヨーロッパのお城にもよく使われる丈夫な石で、映画の撮影中も最後まで敷石を交換する必要はなかったそうです。
    harry potter tour great hall

    2. グリフィンドールの談話室

    セットデザイナーは「グリフィンドールの談話室は、ハリーが人生で初めて家を体験する場所」であるべきだと考えました。華やかさよりも快適さを求めたスペースは、映画の中同様にどこか温かみを感じます。
    WBSTT harry potter tokyo griffiyndor common room
    たくさんのソファーを赤いベルベット生地に張り替え、何度も叩いてくたびれた風合いを出したそうです。
    魔法のラジオもあるのでチェックしてみて。アナウンスに合わせてスクリーン部分に付いている口のような装置が動きます。

    3. グリフィンドールの男子寮

    グリフィンドールの談話室から、らせん状の階段の先に男子寮があります。ベッドのまわりは一人ひとりの個性が表現されているのでよく見てみて。
    WBSTT harry potter gryffindor dormitory
    男子寮の細かいセット変更はあったものの、ベッドは同じものが使われたそうです。11歳からずっと同じベッドを使っていた俳優たちは、ベッドよりも体どんどん大きくなってしまったため、制作スタッフはそれを隠すためにカメラアングルを工夫して撮影したそうです。

    4. 禁じられた森

    ホグワーツの生徒は決して入ってはいけない森に、スタジオツアー参加者だけ特別にご招待!暗くて怪しい雰囲気が漂う「禁じられた森」に入る勇気はありますか?
    ハリーポッター スタジオツアー 禁じられた森
    スタジオツアーロンドン
    展示エリアでは、映画に出てきた名場面を複数再現
    参加者の魔法の力を試すことができるスポットも!今からエクスペクト・パトローナム(守護霊の魔法)の呪文を練習しておきましょう。

    5. バックロット

    ツアーのちょうど真ん中地点には屋外セットが並ぶ「バックロット」があります。
    ハグリッドの小屋やプリベット通り4番地のダーズリ一家、夜の騎士バスや魔法使いのチェスボードなどを歩きまわりながら見ることができます。
    harry potter harry's room
    ハリーの部屋
    WBSTT harry potter chess piece
    この夜の騎士バスですが、もともとロンドンの2階建バスを3 台分のパーツをつなぎ合わせて作られたそうです。そのままだと上がかなり重くなって倒れてしまうため、1階部分はさらに重く作られているのだとか。
    WBSTT harry potter knight bus
    このエリアではバタービールやバックロットカフェの軽食も楽しめます。

    6. 9と3/4番線

    「9と3/4番線」は、ロンドンのキングクロス駅の9番線と10番線の間にあるとされている幻のプラットホーム。キングスクロス駅自体は実在するので、9と3/4番線も本当にありそうな気がしますよね。
    ここはハリーが初めて親友のロンと出会った場所でもあり、ホグワーツ特急の発着場所でもあります。
    9と3/4番線へ向かうために壁をすり抜ける映画の名シーン。自分でもやってみたいと思った方も多いのでは?ここではトロリーを押して記念撮影ができちゃいます!
    WBSTT harry potter 9 3/4 cart
    9と3/4番線のショップ限定のお土産もあるので、そちらにも立ち寄るのを忘れずに!

    7. ホグワーツ特急

    harry potter tokyo hogwarts express
    そんな9と3/4番線から発車するのがホグワーツ特急。展示されている列車はイギリスのウエストコースト鉄道が復元した1937年製‘GWR4900形オルトンホール5972’'です。機関車はウエストコースト鉄道から借り受けた機関車を見事にホグワーツ特急に仕立て上げました。
    WBSTT harry potter tour cabin
    車両の中では客室ごとに再現された映画のワンシーンが楽しめます。

    8. グレート・ ウィザーディング・ エクスプレス(日本限定)

    このエリアでは、スタジオツアー東京オリジナルのセットとして「ファンタスティック ・ビースト とダンブルドアの秘密」に登場するグレート・ ウィザーディング・ エクスプレスが展示されます。
    wbstt harry potter tour train to berlin
    車両は作品の時代設定に合わせたアールデコ調のデザインで、車両の中では映画に使われた衣装も展示されています。

    9. 魔法省(フルスケール、日本限定)

    筆者も大感激したフルスケールの魔法省は必見です!
    面積は900平方メートルを超え、壁の高さは10メートル以上というこのセットはなんと手作業で作られました。ロンドンで建てたものを分解し、慎重に東京に運ばれこのように復元されました。
    WBSTT harry potter tour ministry of magic
    スタジオツアー東京では、魔法省の職員たちと同じように暖炉に入り、フルーパウダー(煙突飛行粉)を使い瞬間移動したかのような特殊効果を体験!その様子は動画でもらえるので、家に帰ってからも楽しめます。
    WBSTT harry potter floo powder

    10. ダイアゴン横丁

    「ダイアゴン横丁」はパブの壁を叩くと行ける魔法界のにぎやかな商店街。グリンゴッツ魔法銀行やオリバンダーの店など、ホグワーツの入学準備に必要なものがすべてそろう場所です。
    WBSTT harry potter diagon alley
    ダイアゴン横丁のセットは映画のシリーズを通して、少しずつ変化してきました。お店の並びが変わったり、新しい店舗ができていたり、3作目の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では雪化粧もしていましたね。
    WBSTT harry potter tokyo diagon alley joke shop
    見どころは奥にあるウィーズリーウィザードウィーズ店。ウィーズリー兄弟のいたずら専門店では伸び耳から惚れ薬まで映画に登場するアイテムがそろっています。こちらの18世紀調のデザインのお店は建築に3か月以上かかったそう。約6mの動くマネキンは絶対にカメラに納めたておきたいですね。

    映画から飛び出した小道具

    どんな映画でも小道具は大事ですが、魔法ワールドを忠実に再現するためにハリー・ポッターシリーズではとくに大事。こだわりの詰まった映画のプロップスが、スタジオツアー東京に登場します。

    11. 炎のゴブレット

    ハリー・ポッターシリーズの第4作に登場した「炎のゴブレット」は、4作目のタイトルになるほど大事な小道具の。三大魔法学校対抗試合の出場選手として、ゴブレットがハリーを指名したシーンが印象的でした。
    このゴブレット自体もさまざまなデザイン素案から最終調整を重ね、撮影では2種類のゴブレットが使われました。カメラ映りを意識したオリジナルのものと、特撮用の装置が埋め込まれたレプリカのものです。

    12. ダンブルドア校長室の記憶の小瓶

    映画でもインパクトのあったダンブルドア校長が記憶を取り出すシーン。そのシーンで使われていた「記憶の小瓶」がスタジオツアーにも登場。ダンブルドアの校長室で見ることができます。
    ハリーポッター スタジオツアー ダンブルドア
    スタジオツアーロンドン
    約900本作られた記憶の小瓶は、手作業でデザインされたのだとか。
    校長室の壁にいる組み分け帽子も探してみてくださいね。
    ダンブルドアの衣装もシリーズを通して少しずつ変化しますので、ぜひ映画を観るときは注目してみてください。
    シリーズの前半はアンティークの生地や織物を使った衣装がメインでしたが、後半はストーリーに合わせて色褪せたローブなどになりました。

    13. 杖

    小道具のチームが「ハリー・ポッター」のシリーズを通して数千本も作った魔法界に欠かせない「杖」。持ち主の「らしさ」に合わせて1本ずつ丁寧にカスタマイズされています。
    原作を参考に、魔法界の杖はさまざまな素材で作られているのではないかと考えた小道具チーム。不死鳥の羽根、ドラゴンの琴線、ユニコーンの尻尾の毛などに似せた天然木素材を使って、撮影に映える杖を準備しました。
    アクションシーンの撮影では壊れないようゴムなどでできた丈夫な杖が代わりに使われていたのだとか。そんな貴重な小道具を間近で見ることができます。

    あのキャラクターが着用した衣装

    映画「ハリー・ポッター」で描かれる魔法ワールドを、小道具同様に引き立てたのが特徴的な衣装たち。一つひとつ丁寧に誂えられた衣装をスタジオツアーではゆっくりと鑑賞できます。

    14. ホグワーツの制服

    映画の制作期間はなんと10年。その間に作られた衣装の数は2.5万点以上!そしてそのうち600点は、ホグワーツの制服でした。基本デザインはシリーズを通して変わりませんでしたが、監督やデザイナーによって細かいディテールが変更された制服は、ファンも注目したポイントの一つ。
     harry potter great hall gryffyndor uniform
    wbstt harry potter slytherin uniform
    ツアーの序盤に通る大広間ですべての寮の制服が展示されています。

    15. ハーマイオニーのユールボールドレス

    シリーズ4作目「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」ではダンスパーティーが開催されるので、ちょっと背伸びした大人っぽい雰囲気のハリー、ロン、ハーマイオニーの正装姿を観ることができます。
    ハリーポッター スタジオツアー 衣装
    スタジオツアーロンドン
    原作を読んだ方はどんなビジュアルになるか、映画のこのシーンをずっと楽しみにしていたはず!衣装デザイナーのジャニー・ティマイムは300点以上のドレスやスーツをデザインしました。100人もの縫製スタッフが制作に関わったそうです。
    ロンはキャラクターに合った「おさがり」感のある、ちょっと時代遅れなデザインで登場しました。

    16. ボーバトン魔法アカデミーの制服

    ボーバトン魔法アカデミーは、ホグワーツのライバル校。4作目の三大魔法学校対抗試合で登場しました。制服の基調カラーはフレンチブルーです。
    トレードマークの帽子も展示品の一つ。フランスで木型から作られたそうです。トラディショナルでカチッとしたホグワーツの制服と対照的な遊び心たっぷりのボーバトンの制服。それぞれの違いをスタジオツアーでは楽しめます。

    魔法の世界を体験できるエクスペリエンス

    エクスペリエンスに参加するとスタジオツアーのお土産として持って帰ることができる画像・映像もあり!友達や家族と一緒に楽しみましょう。

    17. クィディッチエクスペリエンス(日本限定)

    ツアー参加者はホグワーツで開催されるクィディッチの試合の観客として応援しましょう!試合を体験したら、映画の映像と自分たちの応援が合成された映像を観ることもできます。
    harry potter quidditch experience
    HARRY POTTER quidditch experience video

    18. ブルームエクスペリエンス

    グリーンスクリーン技術がたびたび使われた映画「ハリー・ポッター」シリーズ。ここではそんなグリーンスクリーンを使ってホグワーツ城のまわりをホウキで飛び回る体験ができます!
    身をかわしながらドラゴンから逃げ切りましょう。
    harry potter broom experience
     harry potter tour broom experience 3 photos

    19. ホグワーツの動く肖像画(日本限定)

    映画に登場するシリウス・ブラックの動く指名手配写真を覚えている方も多いのでは?ハリー・ポッターの映画の世界では肖像画が動くのが当たり前。ワーナーブラザーススタジオツアー東京では、お気に入りのポーズでホグワーツ魔法の肖像画を撮影できます。

    魔法ワールドをイメージしたレストランとカフェ

    スタジオツアー東京で飲食ができる場所は4か所あります。エントランスを通ってすぐのところに2か所、ツアーの中盤に2か所です。エントランス付近にあるフードホールやチョコレートフロッグカフェはツアー後にも立ち寄ることができます。

    20. フードホール

    朝食から夕食まで、イギリス料理をはじめとした人気のメニューが並ぶスポット。大広間の壮大な雰囲気の中でスタジオツアーの前後に立ち寄れます。
    harry potter food hall

    21. チョコレートフロッグカフェ

    魔法ワールドらしい種類豊富なスイーツをスタジオツアーの前後に食べてみてくださいね!
    wbstt harry potter chocolate frog cafe

    22. バックロットカフェ

    ツアーの合間に魔法ワールドをテーマにした料理とデザートがここでは楽しめます。アフタヌーンティーもあり!
    アフタヌーンティー
    アンブリッジ教授にインスパイアされた英国スタイルのアフタヌーンティー。ここでも魔法ワールドらしいスイーツを楽しめます。
    アフタヌーンティーは事前予約不可、来店順・6,500円/人(2人分から)

    23. バタービール

    魔法ワールドで大人気のバタービール!バタービールバーで買ったドリンクは開放的なテラスで楽しめます。かわいいマグも持って帰ることができますよ!
    wbstt harry potter butter beer

    24. スタジオツアー・ショップ

    世界最大のハリー・ポッターショップには7,000以上の特注品や特別に調達した小道具で飾られていて、ダイアゴン横丁のハニーデュークス、オリバンダーの店、フローリッシュ・アンド・ブロッツ書店など、それぞれの要素を取り入れています。
    日本限定のアイテムも豊富!スタジオツアーのチケットなしでは入れないので、訪れたら絶対に立ち寄りたいスポットです。
    wbstt harry potter shop wands
    wbstt harry potter shop robes
    スタジオツアー東京のハリポタグッズについてはこちらをチェック!

    Klook ヒント:行く前に知っておきたいポイント

    ・とっても広いので歩きやすい靴がオススメ。荷物もクロークに預けた方が楽にまわれます。
    ・ツアー中に別途お支払いが必要な体験もあるので、クレジットカードまたはモバイルペイを持ち運ぶように。
    ・全部の展示をゆっくり見たければ半日は必要。
    ・展示の途中にトイレはあるが、事前に行っておくと安心。
    ・スタッフの方がいろんな撮影秘話やセットの秘密を教えてくれるので聞いてみて!
    ・お気に入りの洋服でたくさん写真を撮って、できる体験は全部やってみて!
    ・全体的に暗いので写真を撮っていると電池の減るスピードがとっても早いです。モバイルバッテリーをツアー内に持ち込むといいかも。

    体験レポ:行ってみた感想

    ハリー・ポッターと一緒に大人になっていった筆者は、自分が子どものころ大好きだったファンタジーの世界に浸り、その懐かしさと尊さに終始感動していました。
    映画で使われていた1点ものの衣装や、貴重なプロップなども丁寧に解説されていて、まるでハリー・ポッターの博物館のよう。
    そんなスタジオツアー東京の一番の魅力はやっぱりファンタジーの世界に没入できる「魔法省」や「大広間」などのライフスケールのセット。東京にいることを忘れてしまう圧倒的な世界観に脱帽です。
    harry potter butter beer

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京のクチコミ

    ここからは、実際にワーナー ブラザース スタジオツアー東京に足を運び、魔法ワールドを体験した方々によるクチコミをご紹介します!
    “ここはハリーポッターファンにとって天国です!レビューには3時間ほどかかると書いてありますが、夫と私はほぼ一日中そこで過ごしました。探索する場所がたくさんあり、クィディッチゲームやフローフレイムなど、参加できるインタラクティブなエリアがたくさんあります。食べ物は見た目は派手ですが、それでも本当においしいです。バタービールを注文してカップを持ち帰れるのをお忘れなく!全体的にハリーポッターファンに強くお勧めします。その日は他のアクティビティで旅程を詰め込むのではなく、この場所を探索する時間を多めに取っておくようにしてください。”
    映画「ハリー・ポッター」を体験できる施設としてオープンした施設なので、ハリー・ポッターファンにとっては夢のような世界でしょう。
    見学するだけではなく参加できるアクティビティも豊富にあるので、時間の許す限り思い切り楽しめる施設です!
    “すごいです!!!!! こんなに楽しくて大きいとは思いませんでした。アトラクションを全部楽しむには、少なくとも 3 時間は必要だということを覚えておいてください。行列はまったく長くありません。絶対にお勧めです。”
    としまえんの跡地にできたワーナー ブラザース スタジオツアー東京は、その広さが東京ドーム約2個分といわれています。 ハリー・ポッターの世界に存分に浸り、魔法ワールドを楽しみましょう!
    “すべてが大好きです! 展示にはあらゆるものが揃っているので、それぞれを訪れるのがとても楽しいです。週末は間違いなく人でいっぱいになります。オンライン チケットは早めに予約してください。入手は競争が激しいためです。”
    チケットは公式サイトもしくは正規販売代理店から購入可能です。
    事前購入となり、日時を指定して購入できます。
    そのため、週末や長期休みの際には混雑が予想されます。
    早めに予約することを心掛けましょう!

    としまえん跡地にできた「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」へのアクセス

    ここからはとしまえんの跡地にできるワーナー ブラザース スタジオツアー東京への行き方を紹介します。

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京の住所

    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター
    〒179-0074 東京都練馬区春日町1-1-7
    Googleマップはこちら

    電車によるアクセスの場合

    • 西武豊島線「豊島園駅」(西武池袋駅から直通で17分)から徒歩2分
    • 都営地下鉄大江戸線「豊島園駅」から徒歩2分

    車によるアクセスの場合

    東京外環自動車道「大泉I.C.」から目白通り沿いに約20分ですが、駐車場の利用には事前予約が必要です。事前予約は公式サイトからのチケット購入時のみ予約ができます。
    ハリーポッター スタジオツアー キングスクロス駅 イメージ
    9 と 3/4 番線

    「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」についてよくある質問

    ハリー・ポッターの舞台はどこ?

    ハリー・ポッターの著者、J・K・ローリングはイギリスの作家で、ハリー・ポッターの映画自体イギリスとアイルランドで撮影されました。ハリー・ポッターのストーリーもイギリスが舞台になっています。

    としまえん跡地にできた「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」の広さは?

    イギリスのワーナー ブラザース スタジオツアーの広さは約1.4万平方メートル。
    実際に撮影が行われた本場のスタジオでハリー・ポッターファンであれば、1度は訪れてみたい施設だと言えます。
    イギリスのワーナー ブラザース スタジオツアーについての詳細は、こちらをご覧ください。
    イギリスについで2つ目のスタジオツアーとなるワーナー ブラザース スタジオツアー東京は建物面積だけでも約3万平方メートルを有し、イギリスの2倍以上の広さです。
    屋内型施設としては世界でも最大規模となり、施設全体の体験時間は4時間以上かかると想定されています。

    飲食物は持ち込める?

    広さのある施設なので、飲食物を持ち込んで楽しみたいと考える方もいるはずです。
    しかし、ワーナー ブラザース スタジオツアー東京では、スタジオ内で販売されているもの以外の飲食物は持ち込みしないよう注意喚起が行われています。
    ただし、ベビーフードや子どものおやつ、食物アレルギーの方の飲食物、水筒や蓋つきのペットボトルといった中身がこぼれないような容器での飲み物の持ち込みは可能です。
    スタジオ内にはレストランやカフェもあるので、魔法ワールドを体験するためにも立ち寄ってみましょう。

    写真や動画を撮影しても良い?

    ハリー・ポッターの世界を堪能するなら、思い出を写真にして残したいと考えるはずです。
    ワーナー ブラザース スタジオツアー東京では、プレショーやグリーンスクリーンを除いたエリアの多くでカメラやスマホでの写真撮影および動画撮影が可能です。
    映画と同じ構図で写真撮影をしたり、演者になり切って撮影したりもできます。
    ただし、三脚やドローンを使っての撮影は、駐車場といった屋外エリアを含めた施設全体で許可がされていないので注意してください。

    荷物を預けられる場所はある?

    旅行でワーナー ブラザース スタジオツアー東京を訪れた場合、スーツケースやボストンバッグなど、持ち運ぶことが難しい荷物を持っている可能性もあります。
    施設を存分に楽しむためにも、カバンやスーツケースのほか、コートもクロークで預かってくれます。
    無料で預かってくれるので、ぜひ活用して施設を満喫しましょう。
    ただし、飲食物の預かりは行っていないので、自身で持ち運ぶ必要があります。

    としまえん跡地にできた「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐ メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、まだまだ見どころいっぱい!

    WBSTT harry potter outside logo
    としまえんの跡地にできたワーナー ブラザース スタジオツアー東京は、屋内型施設として最大級の大きさです。
    細部にわたって精巧に作られたホグワーツ城の模型や衣装の数々を間近で見ることができ、「映画で観た!」と何度も感じられる施設です。
    グルメを堪能できるレストランやカフェもあり、1日を通して遊べるでしょう。
    ショップでは魔法ワールドのアイテムが多数取りそろえてあり、スタジオツアー東京限定商品も販売されています。 観光の思い出にぜひ手に取ってみてください。
    今回ご紹介しきれなかった見どころも多数あります。
    ぜひ自分の目で体感してハリー・ポッターやファンタスティック・ビーストの世界に浸って思う存分楽しみましょう!

    東京のレンタカーをチェック

    おすすめキャンペーン

    梅雨トクセール キャンペーン
    ディズニーパスポートプレゼント キャンペーン
    韓国 キャンペーン

    ‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. – Wizarding World publishing rights © J.K. Rowling.  Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potter.